極。~Go To 中年道~

どうせなら格好良い中年になりたくって・・・。

中年が高いモチベーションで雇われるための一つのコツ【職業○○(自分の名前)】

こんばんわ、アウディです。

今日もお疲れ様です。

 

どうでしょう??

35歳越えてくると「雇われていること」への

モチベーション変わってきませんか??

 

若いときは、とにかくガムシャラ!!

雇われれば雇われるほどに右肩上がりのモチベーション。

「ワシが会社動かしちゃるんじゃい!!」

くらいに。

 

それが月日もたち、色々わかり・・・モチベーション落とさずに

いられないのが「中年」ではないでしょうか??

 

嫁・子供と、私生活での責任は右肩上がり。

ただ、ここにくるまでいろいろあって仕事への意欲は

右肩下がり。

 

このアンバランスさにヤラれ、家族も職も失って期間工

そんな人を何人も見てきました。

 

僕ももれなくガムシャラの向こう側に今いるわけでして・・・。

 

結果、「会社に僕という人間のあの時の若い勢いを、

言ってみたら自分のベストのすべてをささげて生きてまできたのに

今のこの待遇はなんじゃい!?」

 

そういう感じで雇われています。

 

ただ、こんな不満を我慢できずに辞職し、転職したはいいけど

「こんな事になるなら、やめなけりゃよかった」

 

そんな中年は、「あなたもですか・・?」というくらいに

日々仕事上、関わります。

 

悪いことは言いません。

 

今いる職場への些細な不満での転職。

これは、よっぽどなコネがない限り、

宝くじの当選レベルで成功しません。

 

「待遇が表記と違った」

「待遇が良かったけど、人間関係がヤバイ」

 

こんな話での再転職せざるをえない末の

繋ぎでの40過ぎてのアルバイト生活。

僕の周りでは「ありふれた光景」です。

 

そんな身の回りの「ありふれた光景」をデータ化し、

そもそもなんでそうなってしまったのかというところで

出した答えは

 

自分の体力気力の衰え×承認欲求

 

これの落差が原因だと思うんですね。

 

でも、僕の周りで40近くで転職して、今現在、成功している

例も少ないですが確かにあります。

 

ここの違いはなんなのか。

 

「どんなに今、自分が世の中からしたら最低な労働条件に自分がいても

職業○○(自分の名前)で、凛としていること」

 

こんな人が転職に成功しています。

もしくは待遇に不満があっても、その会社でこの姿勢で、

「職業○○だぞ!?おまえらとは違うよ」

こんな姿勢で、今自分の前にある仕事に、自分というプライドありきで

打ち込んでいる人は

必ず誰かの目に留まり、良い待遇先の転職を成功させています。

 

愚痴っていじけて、衰えてしまった自分の体力内だけの仕事だけを

そつなくこなして、文句言う日々を過ごすくらいなら

 

「誰だと思ってんだよ!?職業オレだぞ!?」

そんなことを言いたいが為だけに、雇われ仕事続けてみた方が

未来は開ける可能性があると信じる今日この頃です。

 

中年になってから身に染みる言葉です。

 

「短気は損気」

 

中年が勢い・感情だけで転職しても、絶対ロクな結末には

なりません。

 

下手コクとどうでもいいアイツのために、なにより大切にしていたものまで

失いますよ。

 

バランス・・・中年にはキーワードに思えてなりません。

 

 

あうでぃ。

 

f:id:antonioaudii:20170406205849j:plain

 

 

 

 

 

感じたままじゃ解雇!!今の中年だからこその難しい世の渡り方。~あの頃の当たり前な毎日、それは今なら事件!!~

こんばんわ。アウディです。

今日は中年の世の渡り方について。

 

先日、同い年の仲間が、会社をパワハラで離職せざるを得なくなりました。

 

昔から、正義感が強く、志の高い

熱い漢でした。

 

f:id:antonioaudii:20171013190752j:plain

 

 

中年と呼ばれる35歳オーバーの方。

ご自分の20歳前後の時の初めての就職先での思い出・・・。

 

いかがだったでしょう??

 

今から20年ほど前。

 

朝。

職場の誰よりも早く出勤し社内掃除。

 

昼。(勤務時間)

ミスっては、人格否定の罵倒は当たり前。

蹴り飛ばされ、タバコの火を押し付けられて・・・。

 

夜。

先輩の都合次第の飲み会。

こちらの予定は二の次、三の次。

若手のプライベートタイムは先輩の所有物。

 

どうでしょう??

僕のコレは、20年前で言うとその頃の周りの話聞いても、

特別極端な話ではありませんでした。

 

で、今、先輩としてコレしていたらどうでしょう??

言うまでもなく・・・

 

完璧なるアウトですよね・・・。

アウトなんです。

 

うん!!時代は変わったんですね!!

変わったんですよ!!!

 

「起きてくださ~い!!変わっていますよ~!!」

 

ここが今、中年世代に仕向けられている罠だと思うんです。

 

「え~!?だって俺の若いときはさぁ~」

 

これほど、しょうもないとされる身勝手な言い訳は

今の世の中、通用するわけがないんです。

 

言いたい事はわかります!!

おおいにわかります!!

 

「自分が若いときは、好き勝手されたんだぜ!?

それを今、好き勝手やれる立場になったときに限って

それはアウトはねぇーだろ!?

なっとくできねぇ!!!」

 

おっしゃる通りっ!!!

 

ここで誰かさんの格言を

「生き残れるのは強い者じゃない。

 生き残れるのは賢い者じゃない。

 生き残れるのは世の中に適応できた者だけだ。」

 

これは進化論のスケールの大きな話ですが

「昭和生まれ⇔平成生まれ」

時代のこんな小さな1コマの微妙なブレの中でも

決して馬鹿にできないお話だと思うんですね。

 

20年!!

「札幌にいながらもここならば!!」

 

母親一人残して札幌出るのはつらい。

でもやってみたいことがある!!

そう!!ここなら札幌にいながらできるはず!!

 

勤め続けた友。

誰よりも真剣に熱く。

 

勤めた会社が少しでも良くなればと、夢の結晶と言える

札幌女性人類一のドストライクであろう

巨乳色白アニメ声のあの娘が来た合コン。

「仕事で行けない」

でも、それでもみんなが

「この出会いは別格だ!!一生後悔するぞ!!!」

「悪いことは言わない。おまえの志の極限がラーメンサラダ挟んだ向かいに詰まってる。すぐ来い」

「来ないと友達やめるぞ」

散々の忠告でもおまえは

 

「俺しかできないことなんだよ!!今やっているコレは!!!

北海道でおれ以外できねんだよっ!!」

 

初めてブちぎれたよね。

 

そんな思い出があっての今回のあいつの離職決意。

 

正直、最初は腹が立ちました。

今、貧乳の嫁と子供を大切に大切にしています。

 

うん、結果。

 

ダメなんです。

 

時代が変わった。

 

 

これを無視する中年。

それは自業自得です。

 

自分の若い頃はこうだった。

そんな自分感覚なんて一円の価値もなく、逆にとらわれることで

すべてを失います。

 

「環境に適応しようとすること。

今の中年には何よりも大切な言葉」

 

社会でやっていくなら、僕はそう思います。

 

中年の匂いは、中年の人生を変える!!

「中年」と言えば=「臭い」

 

なんていうのは、いまや昔から言い伝えられているような

お言葉で・・・。

 

アウディ中年。

今、囲まれている個人的環境を申しますと

嫁・・・30歳。

職場・・・あたし以外の平均年齢、26歳。

 

もう、こんな僕がいつもゾッとしている科学的なお話しを、ここで一つ。

 

「加齢臭はなぜあるのか??問題」

 

実はコレ・・・動物として近親相姦をしてしまうと結果、種が途切れてしまう。

それへの種としての予防策だと言われております。

 

若い異性の同種へ

性交の相手として交わってはいけない「親」という匂いを発するというのが

「加齢臭」という仕組み。

 

言ったら中年は、若い異性の子が嫌がる匂いというのを、わざわざ出しておるのです。

ホント・・わざわざ・・ちっ!!

(しかも、それは中年の自分自身では感じ取りづらい匂い・・・)

 

結果から言いますと、自然にしている中年は、若い子にモテるワケがないんです!!

 

自分では気づきもしないハンデを背負って生きているわけです。

 

この状況いかがでございましょ??

 

 「いやぁ~暇だしさ。金はあるから若い愛人でも囲ってみようと思うんだよ」

うん!!だったらいいじゃない!!だったら、どうでもいいじゃない!!!

その子には、金さえ払えば嫌われないよー!!

 

こちとら、変えの効かない、かわいいかわいいワシの若妻ちゃんが、

ワシの加齢臭で、そう!自然の摂理が原因で家庭崩壊するのでは・・・震えとるんじゃい!!

 

震えとるんじゃーい!!じゃーい!!じゃーい!!

 

という事で、がんばっておきましょ!!

若い子に嫌われてはいけない人も、嫌われたくはない人も。

僕は帰宅後、ダッシュで風呂場です。笑

 

「加齢臭は裏から出るもの!!!」

 

加齢臭の発生地。

 

それは

 

1・耳裏 2・後頭部 3・背中

 

そうですね、表面ではなく裏側。

とにかく念入りに~念入りに。

 

そして匂いと言えば、僕のここ数年の相棒です。

いまや、こいつなしに生きられません。

あるとなしでは、絶対何かしら

あなたの人生変えられるレベルの効果。

 

f:id:antonioaudii:20171012205837j:plain

 

 

 

中年の匂い。

たかが中年の匂い。

されど中年の匂い。

 

中年ならば敏感であるべきと思う

「自分の、自分では感じ取りきれない・・・匂い」

 

解決できることは、いじけてないでしちゃいましょ!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中年が疲れない身体を作る「7ルール」とは??

どうでしょう??

 

僕は8時間働ききると、結構いっぱいいっぱいな43歳です・・・泣。

 

30歳くらいの頃は徹夜で遊んで、寝ないでそのまま仕事っていうのも

わりとできていたのになぁ・・・。

 

今、やれと言われたら・・・「それはそれは・・・ご冗談でしょ??」

徹夜で遊んで、そのまま、まともな仕事をするなんて「おとぎ話」です。

 

普通に八時間労働だけの毎日であっても、その中に多少ムリがかかる一日なんて

あるだけで、休みの日は被害者ヅラな廃人レベル。

 

「大袈裟だろう!?」って思える中年仲間が本当に羨ましい・・・。

 

今日はそんな、もやし中年の僕がなんとか日々を持ちこたえているために

やっている、しょうもない民間療法ルーティンをご紹介します。笑

(しょうもない話しでしゅいません~)

 

1・顔面マッサージ

サービス業の僕。

ある日、接客に疲れ果て、何気に顔を押してみると

「なんだか、あちこち痛ぇなぁ・・・。」

凝り固まっているような痛さ・・・。

で、額やら耳手前やら、鼻の横。

コリをほぐすように指を押し滑らすと・・・

 

「気持ち良い・・・。」

 

で、ひとしきり痛いところを押し滑らした後鏡を見ると・・・

なんだか朝見るより若返って見える。

 

個人的にはすごくオススメなのですが、なんせ民間療法。

医学的見地が見当たりません・・・。笑

 

2・22時前に寝る。

夜更かしは女子だけじゃなく中年にも禁物のようで。

22時~2時の睡眠は、倍付けで疲れにいいようです。

(これだけは医学的に正しいようです)

「いやいや、そんな早く寝てらんないよ!!」

大丈夫。中年の人はそう長く寝続けられないはず。(笑)

やりたいことは朝5時に起きてできるのが中年の特権。

帰宅後、やりたいことやって25時に寝るのと、

帰宅後、22時前に寝て朝5時からやりたいことをやるでは、

身体効率は全く違うこと、身に染みて感じています。

 

「朝5時、それは中年の中年のための時間」笑

 

3・ストレッチ

これは意外に馬鹿にできません。

朝起きた時からの違いを僕は感じています。

身体が軽くなる→気持ち的にもエネルギッシュに前向きに僕はなれます。

休みの日前なんかは、かかせません。

これがないと、寝てばっかりの休みになってしまう僕なので・・・。

休日、家族サービスが待っているお父さんにはかなり効果的!!

 

4・酒は飲まない

これができたら、人生変わると言っていいぐらい!!!

 

僕が酒を辞めてみた次の日の朝・・・

「やばい!!地球の重力が変わっている!!こわいこわい!!ドッキリか!?」

と、僕は寝起きで身体を起こし、その違和感に一気に目がさえました。

 

・・・と言いつつそれから二年、今ビール片手にこのブログ書いています。笑

意志の強い方には激鬼オススメです。

 

5・やっぱりお風呂に入って寝る

これは医学的にも間違いないようです。

一度身体を温めてから寝る。

どんな高級マットレスもこれで得る「深い睡眠」には勝てないようです。

お風呂後の二時間以内に寝ることが効果的なようです。

 

6・三食まともに食べない。

 

「はっ!?」でしょうか??

ですよね・・・。

でも、多分三食まともに食べちゃっている中年さんは・・・

会社の健康診断で落ち込んでいませんか??

 

だと思います。

いや、そうなります。

 

僕は今、一日夜に一食。その代わり、好きな物を好きなだけ食べます。

 

で、健康診断では「中身が20代です!!」と

全米が驚愕しました。

 

ムリなんですよ、きっと。

・・・40歳過ぎて三食をきちんと代謝することはね。

 

タモリさんは60歳の時、27時間テレビ

任されたとき。

放送中、水以外なにも口にしなかったそうです。

 

「消化」それが一番体力を蝕む行為と知っていたからとの事。

ひょうひょうと適当風にしているタモリさん。

 

この課題を自分の100パーセントでやりきるには、何をすべきか。

真剣にストイックに考えられてのことだったのでしょう。

 

「ザッツ 昭和のイカシタ男」と感動しました。

 

それを聞いて、僕はそれまで毎日していた仕事中の

「恒例チキチキ昼飯ラーメン道中」を辞めました。

 

確かに・・・今はあのときより一日が楽です。

 

7・体調管理は万全で。

もうもうもう!!!風邪なんて引いちゃったら地獄です。

ただでさえギリギリギリで毎日きりもりしているのに

冗談じゃーございません!!

 

かばんにいつも風邪薬。

このくらいでやりすぎではないと特に今時期は

毎日、「風邪」に脅えて暮らしています。

 

 

といった感じの「中年おじさん7ルール」。

 

いかがでしたでしょうか?

 

ほぼほぼ民間療法ですいません。

 

こんな僕でも、会社の若者が関係性を深めたいと

飲みに誘ってくれます。

 

僕はそのたび、こう言っております。

 

「今日、この後、お前と楽しい夜になるかもしれない。

ならないかもしれない。

 

ただ、ただ一つ大きな問題がある。

 

お前と飲み歩いた結果の明日。

オレは朝一から100パーセント、不機嫌だ。

 

その上、100パーセントに業務中のポテンシャルなんて出せない。

 

得るものと失うもののバランスがあっていなくはないか??

 

誘ってくれてありがとう。

でも、帰るよ。」

 

若者全員が納得してくれます。

納得の一線です。

 

もう、勤務時間だけでいっぱいいっぱい。

 

「すすきのに住んじゃおうかな」

まで、考えていた自分が今じゃこのありさま。

 

中年の皆様。

今の自分にあった幸せを~。

 

今日もお疲れ様です!!

 

アディオスです。

 

 

あうでぃ。

 

迷子の中年。歩くべき道・・・。

アントニオ・アウディ、偽名!!

43歳の厄年終わりでございます。

 

鳥肌実風な自己紹介から始めてみました。

 

このブログを始めてみたのは、実は数年前・・こんな事を考えていたからでして。

 

 

中年ってどんなモチベーションで生きたら良いのだろ??

 

 

35歳くらいまでは、いろんな異性の目を気にしたり、

いろんな異性の目を気にしたり・・・で、その帰り道に

いろんな異性の目を気にしてみる。笑

 

そう生まれてこの方「性欲エンジン」が100万馬力で僕の生活を動かしてました。

それはそれは高いモチベーションの毎日で。

 

そこから、二年前に結婚し、鼻息穏やかな、つつましい毎日を送っております。

言ってみたら、今までと生きているエンジンが違う・・・。

 

その上、追い討ちが・・・。

 

この数年で、明らかに若い女子の僕への目線が変わっている・・。

その目の奥から、性的なものが一切伝わってこない・・。

 

異性として微塵も見られていない・・。

 

特に、なにかイカガワシイコトがしたいわけではありませんが

なんとも言えない寂しさに襲われます。

 

「そうなのか・・・」

 

それでも美しく生きたい

話は変わりますが僕は思春期にフルスイングでグレました。

今の若い子が見たら、見るに耐えられないほどダサい生き物だったでしょう。

 

当時は「不良」。

これがイケテイルという風潮も手伝ってました。

クラスでも力持っているのは「不良」。

学校一のマドンナを落とせるのも「不良」。

という時代。

 

ビーバップハイスクール」やら「ろくでなしブルース」に

思春期男子は夢中でした。

 

そんなどこかファッションとしての「不良」が全盛というのも

手伝いましたが、14歳のアウディ少年の心の闇はどこか

周りに比べ、ファッショナブルではないいびつな物がありました。

 

そのいびつさの要因が今ならはっきりわかります。

少年アウディは「大人に魅力を全く感じられなかった」

 

学校の先生、親、親戚のオジサン、狭い範囲で出会う大人たちを見ては

 

「あれになるくらいなら、別に自分の先の人生はどうでもいいや」

「30歳過ぎの人生は、僕は遠慮させてもらう」

 

童貞アウディ君はそんな自暴自棄のいびつな心のパンクな思春期を

送ってしまいました。

 

(本当に今の若い子達は清らかに品良く育っているな~と感心します)

 

そんな自分の思春期の自分の心をわかるからこそ、

今の僕は

「少しでも格好良く、生きているのが楽しそうなオジサンでいよう!!」

と、心に決めております。

 

あの頃の童貞アウディ君に出会ったとき

「おじさんになっても悪くはないかな・・・」

少しでもそう思ってもらえるような・・・。

 

すれ違う若い女子達からの目は、今日も切ないものありますが・・・。

 

もう、すっかり秋ですね・・・。笑

 

あうでぃ。

 

 

【実録】42歳腹の突き出たオジサンが、4ヶ月で25キロ減成功の方法とは?

【実録】42歳腹の突き出たオジサンが、4ヶ月で25キロ減成功の方法とは?

42歳、既婚。(嫁は13歳下)

結婚二年目。(付き合い期間は8年)

 

結果、嫁とは10年間一緒にいるという、

夫婦間アニバーサリーな2017年でございます。

 

そして嫁への今の思いこと・・それは付き合い当初と

根本はあまりかわらず・・・。

 

「とにかく嫁にモテタイ!!」

 

もしかしたら、ちょっと感覚が一般既婚男性と

ズレているかもしれませんね・・・。

 

休みの日、嫁にモテたくてきちんとヒゲをそり

髪から何から、出勤時より力を入れ。

部屋着も、嫁にモテるものを選んでいたりして。

 

うん、周りの既婚者男性の話からすると

珍しい部類に入るようです。

 

こうなると、どうしても42歳特有の

老いからくるあれこれが気になるもので。

薄毛、加齢臭、体型・・・。

 

嫁にモテなくなる恐怖におののき

体型に関しては、かなりがんばりました。

 

「一日三食」

子供の頃から当たり前なコレをやっていた

だけなのにブクブクと・・35歳越えたあたりで

半年で20キロ増

 

子供の頃、ありえないと思っていた

「立派なオジサン体型」へ。

 

さすがに「コレはない」と、

生活改造です。

 

持論ですがダイエットと言うのは

「体型を変えるのではなく、生活を変えなくては意味がない」

と僕は思うのです。

 

運動が好きな人は、運動時間を毎日の生活の中に取り込む。

カロリーの低いものが割と好きな人は、毎日の食事内容を変える。

 

「○月○日に××があるから、その日だけ痩せていたい」

というのでないのであれば、一生涯の毎日、生活そのものを

少し変えなくては意味がないと思うのです。

期間的に無理したところで、どうせリバウンドして終わりなのですから。

 

または無理のある変え方をしてもすぐ、無理がたたってしまうので

意味がない・・・。

どうせのリバウンド。

 

で、僕は考えました。

で、自分に言い聞かせました。

 

「一人前な代謝のできない奴が、一人前に一日三食偉そうに食ってんじゃねぇ!!」

 

僕は今、4ヶ月で25キロ減。180cmの66キロという

個人的理想エロ体型をキープできております。

この言い聞かせの生活改善のおかげで。

その僕が選んだダイエット方法は・・・。

 

生活は一日一食を基本としている。

 

人に言うとドン引きされますが

最初2週間ほどこそツラいものの、今はどってことありません。

晩飯だけを、その日食べたい物をちゃんと食べます。

 

「食べたいものが食べれない」

これはダイエットの典型的失敗方法だと思うんですね。

いつか我慢が破綻してしまうようで。

それなら回数を減らせばいいというね。

 

医学的にもTVでおなじみ「Dr南雲」も

「いい大人が三食食べるな」と

医学的にも三食食べるほうが問題と。

その上、空腹の時には若返りのフェロモンが

出るので体型以上の若返りが期待できると。

 

どうでしょう??

普通のオッサン体型から抜け出せる。

その結果、自信も付くものです。

この間行った人間ドック結果も20代のアレコレでした。

または仕事日の昼飯後のあの効率の上がらない

倦怠感もなく、結果仕事もはかどり早い帰宅。

 

そもそもエジソンが発明したトースターを

多く売りたいが為に作った

「一日三食」というルール。

破ってみると得るものは大きかったですよ~。

 

オススメです。

 

とは言っても、「そこまではちょっと」な人も。

でも個人的に腹突き出してるおじさんというのは

どうも・・・。

[rakuten:itty-shop:10000692:detail]

売れてるこの辺だけやってみるというのもありかもですね・・・。

生活の中で着けているだけでの腹筋鍛えるアレです。

 

「生活の無理のない一箇所を変える」

これが僕のオススメのダイエット法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々雑食系系男子なのに浮気・不倫をしない理由とは

浮気・不倫

草食系男子が浮気しないというのは、なんとなくイメージできます。

きっと、欲がそんなにないのでしょう。

 

僕は独身時代、周りから

「雑食系男子」と呼ばれていました。

 

「メスならなんでも食べるんかい!?」

という・・・。

 

確かに合コン行っても、

行く前から最初の1次会までは

「運命の出会いという女の子」を求めているのです。

 

ただ、なぜか二次会あたりから・・・。

「今日交尾させてくれるメス」を強く求めてしまう・・・。

 

男側が「ソレはいかないでしょ!?」という女の子でも

僕は強く求めてしまう。

 

他のオスとはもはや趣旨が違うので強く求めてしまう。

理数系の合コン仲間が出してくれた

「僕が二次会途中にメスと消えていった確率 84パーセント」

(ちなみに、そのメスの背中がカナブンのフォルムだったこと52パーセント。)

そんな僕でした。

 

そんなことを繰り返しているうちに合コンではなく

普段のしらふの生活の中で今の嫁と出会いました。

 

で、結婚してからというもの・・。

そんな僕をずっと見てきた仲間達の期待を裏切り、

浮気は一回もございません。

 

我慢しているとか無理してるでもなく。

 

「今までの無理がたたって、メンソールでもないのにEDになってしまったのでは?」

「嫁が無茶苦茶怖いのでは?」

「そういうカルト宗教にはまったのでは?」

 

周りでは七不思議レベルの天変地異を起こしている最中です。

 

理由は単純に「嫁との生活を心から楽しみたいから」です。

それがダントツで優先順位が1位だからです。

 

嫁と一緒にきれいな物を見たとき。

嫁と一緒に何かを楽しんでいるとき。

 

僕が今、一番お気に入りの至福の時間です。

 

もし、浮気をしてしまっていたら、なーんか心の隅で

「ごめんね・・・」が邪魔して

美しさも楽しさも、すべて心の中で半減してしまいそうで・・・。

 

んーわれながら、

「なんという事でしょう~。」

と言いたくなるビフォアアフター。

 

少し前は、類を】見ないほど年中盛りの付いた野良犬でしかなかったのに。笑