職業アントニオアウディ・・・そうなりたかったなぁ~。

好きな物、嫌いな物、思いのたけを吐き出します。ゲロゲロと。

【実録】42歳腹の突き出たオジサンが、4ヶ月で25キロ減成功の方法とは?

【実録】42歳腹の突き出たオジサンが、4ヶ月で25キロ減成功の方法とは?

42歳、既婚。(嫁は13歳下)

結婚二年目。(付き合い期間は8年)

 

結果、嫁とは10年間一緒にいるという、

夫婦間アニバーサリーな2017年でございます。

 

そして嫁への今の思いこと・・それは付き合い当初と

根本はあまりかわらず・・・。

 

「とにかく嫁にモテタイ!!」

 

もしかしたら、ちょっと感覚が一般既婚男性と

ズレているかもしれませんね・・・。

 

休みの日、嫁にモテたくてきちんとヒゲをそり

髪から何から、出勤時より力を入れ。

部屋着も、嫁にモテるものを選んでいたりして。

 

うん、周りの既婚者男性の話からすると

珍しい部類に入るようです。

 

こうなると、どうしても42歳特有の

老いからくるあれこれが気になるもので。

薄毛、加齢臭、体型・・・。

 

嫁にモテなくなる恐怖におののき

体型に関しては、かなりがんばりました。

 

「一日三食」

子供の頃から当たり前なコレをやっていた

だけなのにブクブクと・・35歳越えたあたりで

半年で20キロ増

 

子供の頃、ありえないと思っていた

「立派なオジサン体型」へ。

 

さすがに「コレはない」と、

生活改造です。

 

持論ですがダイエットと言うのは

「体型を変えるのではなく、生活を変えなくては意味がない」

と僕は思うのです。

 

運動が好きな人は、運動時間を毎日の生活の中に取り込む。

カロリーの低いものが割と好きな人は、毎日の食事内容を変える。

 

「○月○日に××があるから、その日だけ痩せていたい」

というのでないのであれば、一生涯の毎日、生活そのものを

少し変えなくては意味がないと思うのです。

期間的に無理したところで、どうせリバウンドして終わりなのですから。

 

または無理のある変え方をしてもすぐ、無理がたたってしまうので

意味がない・・・。

どうせのリバウンド。

 

で、僕は考えました。

で、自分に言い聞かせました。

 

「一人前な代謝のできない奴が、一人前に一日三食偉そうに食ってんじゃねぇ!!」

 

僕は今、4ヶ月で25キロ減。180cmの66キロという

個人的理想エロ体型をキープできております。

この言い聞かせの生活改善のおかげで。

その僕が選んだダイエット方法は・・・。

 

生活は一日一食を基本としている。

 

人に言うとドン引きされますが

最初2週間ほどこそツラいものの、今はどってことありません。

晩飯だけを、その日食べたい物をちゃんと食べます。

 

「食べたいものが食べれない」

これはダイエットの典型的失敗方法だと思うんですね。

いつか我慢が破綻してしまうようで。

それなら回数を減らせばいいというね。

 

医学的にもTVでおなじみ「Dr南雲」も

「いい大人が三食食べるな」と

医学的にも三食食べるほうが問題と。

その上、空腹の時には若返りのフェロモンが

出るので体型以上の若返りが期待できると。

 

どうでしょう??

普通のオッサン体型から抜け出せる。

その結果、自信も付くものです。

この間行った人間ドック結果も20代のアレコレでした。

または仕事日の昼飯後のあの効率の上がらない

倦怠感もなく、結果仕事もはかどり早い帰宅。

 

そもそもエジソンが発明したトースターを

多く売りたいが為に作った

「一日三食」というルール。

破ってみると得るものは大きかったですよ~。

 

オススメです。

 

とは言っても、「そこまではちょっと」な人も。

でも個人的に腹突き出してるおじさんというのは

どうも・・・。

[rakuten:itty-shop:10000692:detail]

売れてるこの辺だけやってみるというのもありかもですね・・・。

生活の中で着けているだけでの腹筋鍛えるアレです。

 

「生活の無理のない一箇所を変える」

これが僕のオススメのダイエット法です。